施設案内交通アクセス サイトマップ │    HOME
 
ゲストルーム オンライン予約 レストラン&バー 宴会・会議 ウエディング ラ・ロイヤル・スパ
TOP 》夏の伝統行事
sp
夏の伝統行事
sp
ツバメの塒(ねぐら)帰り(7月〜9月)
ツバメのねぐら帰りホテルの近くで見ることができるツバメの生態です。夕方、ヨシ原のねぐらに数万羽がいっせいに飛び帰る様子は壮観です。
自然環境と季節の貴重なタイミングで観察できるものです、この機会を是非お見逃し無く。
詳細を見る
sp
大仏蛍(6月)
大仏蛍大仏殿の裏側、二月堂裏参道周辺で6月中旬に見ることができるゲンジボタルを大仏蛍と呼びます。
奈良ロイヤルホテルに宿泊し、古都・奈良の中心でホタルの乱舞を愛でる…そんなしっとりとした贅沢を味わってみませんか。
sp
唐招提寺「開山忌(舎利会)」(6月5日・6日)
開山忌鑑真和上の命日に和上の高徳を称え冥福を祈る法要が執り行われます。 御影堂が特別開扉され、国宝鑑真和上坐像、及び東山魁夷氏が献奉した襖絵が公開されます。
詳細を見る
sp
弘仁寺「黄金ちまき会式」(6月13日)
弘仁寺「黄金ちまき会式」(6月13日) 黄金色のひもで結び、かしわの葉で作った厄除けのちまきを本尊の虚空蔵菩薩に供えて、 自然の恵みと健康などを祈る会式です。本尊の虚空蔵菩薩の前で祈念したちまきは、 家内安全無病息災の功徳があると言われています。
詳細を見る
sp
率川神社「三枝祭」(6月17日)
三枝祭三枝祭は、その起源も古く、文武天皇の大宝元年(701)制定の「大宝令」には既に国家の祭祀として規定されており、大神神社で行われる鎮花祭と共に疫病を鎮めることを祈る由緒あるお祭りです。
詳細を見る
sp
大安寺「竹供養とガン封じの祈祷法要」(6月23日)
竹供養とガン封じの祈祷法要大安寺では、竹酔日の故事にちなみ、六月二十三日に恒例の「竹供養」「癌封じ夏祭り」が行われています。 当日は、早朝からがん封じの祈祷が行われ、笹娘による大安寺名物の笹酒がふるまわれます。
詳細を見る
sp
夏の鹿寄せ・奈良公園飛野(7月〜9月)
夏の鹿寄せナチュラルホルンを吹くとその音色に誘われて愛らしい鹿が集まってきます。奈良ならではの光景を楽しめます。


詳細を見る
sp
なら燈花会/奈良公園一帯(8月5日〜14日)
なら燈花会古都の夜を幻想的に彩る灯りのイベント。奈良公園に広がる8つのエリアで2万本以上のろうそくが美しい灯の花を咲かせます。 見るだけでなく、どなたにも参加いただけるイベント、願いを込めて灯すろうそく、きっと思い出の夜になることでしょう。
詳細を見る
sp
春日大社「中元万灯籠」(8月14日・15日)
中元万灯籠春日大社の境内3000基にも及ぶ燈籠は、800年前の昔から今に至るまで、貴族や武士をはじめ庶民から奉納されたもので、2月の節分と8月14・15両日の夜、これら全てに火が入れられます。
詳細を見る
sp
東大寺「大仏殿万灯供養会」(8月15日)
大仏殿万灯供養会大仏様に燈火をお供えして諸霊の供養を祈る万灯供養会。普段は大仏殿の中からしか拝見できない大仏様のお顔を中門から拝むことができる。また、大仏殿へと続く石畳に整然と並べられた約2500の灯龍も幻想的な雰囲気を醸しだします。
詳細を見る
sp
奈良大文字送り火(8月15日)
奈良大文字送り火奈良の大文字送り火は戦没者慰霊と世界平和を祈る火の祭典です。 午後6時50分より飛火野でおこなわれる慰霊祭は、奈良県出身の29,243柱の英霊を供養するため神式と仏式の両方が続けて行なわれる大変珍しいものです。
詳細を見る
sp
■宿泊日

■宿泊数
■ご利用人数(大人)/1部屋あたり合計
名様
■部屋数/合計
部屋
■予算/合計

■食事条件
奈良ロイヤルホテル
〒630-8001 奈良市法華寺町254-1 Tel.0742-34-1131  Fax.0742-34-3231
 
COPYRIGHT 2007 NARA ROYAL HOTEL.ALL RIGHT RESERVED